I'm so happy !

ただの俳優のオタク。

兎にも角にも安室透



ナチュラルにホモの話をしてます

※ネタバレ有





兎にも角にも安室透である。

毎年名探偵コナンの映画をだいたい初日に観ている。なんとなくの習慣だった。例に漏れず、今年も観た。面白かった。安室透がかっこよかった。友達の安室の女に楽しく感想ラインを送り、なぜか、次の日も観た。

わたしは首を傾げた。おかしい。褐色キャラは好みじゃないし、長身も好みではない。

安室透はコナンに出てくるイケメンで、人気キャラクターだ。今年の映画は、言うなれば安室PVである。大スクリーンで、2時間たっぷり安室透がかっこいいPVを見せられる。アクション、カーアクション、笑顔に不穏な表情、鎖骨にロールアップ、そして恋人宣言。

2回目の執行が終わった時、動悸に満ちた胸を押さえてわたしは気付いた。(……これは安室透が好きなのではないか?)安室透のことを考えると、そわそわどきどきする。次のチケットを予約しながら、考えた。これは恋なのではないか?それは確認だった。わたしは、恋に落ちたのだ。


そもそも安室透はずるい。設定からしてずるい。暗い過去、3つの名前を操る秘密主義、童顔でかっこいい顔、高い背、長い足、ハーフ、腕っ節も強く、ドライビングテクも物凄い。安室透のキュートな笑顔、バーボンのニヒルな笑み、降谷零の冷酷な笑い……オタク女が好きになる要素を全て抑えている。役満だ。ハラショー!調べれば調べるほどに愛しくなるあむぴこと安室透に、思わず拍手した。なんせ、映画を観たら安室透に抱かれているようなもんだし、恋に落ちないわけなかったのだ。これは必然だった。

わたしは歪んだ性癖の持ち主なので、とりあえず好きになった2次元はホモにする。

純黒を観たとき、特に好きでもなかったがホモやんけ!と思った赤安を読むことにした。

毎日、あかーむを読み漁った。あかーむを読みながら寝落ちし、起きてあかーむを読んだ。夢にあかーむがでてくるくらい読んだ。凄かった。びっくりした。久々に、萌えという感情を思い出した。

あかーむはすれ違う。これでもかというくらいすれ違う。すれ違うし、お互いを追いかける。お前ら頭いいはずなのになんでそこまですれ違うかな!?と驚くくらいすれ違う。腐女子はすれ違うホモに弱い。

まず、安室透は赤井秀一に親友を自決に追い込まれたと思っている。実際、自決の引き金は安室透の足音だったんだけど、赤井秀一は安室透を傷つけないために真実を明らかにしていない。しかも怒りのポイントが、あれほどの男なら死なせないことも出来たと信頼していたのに裏切られたから、もうここの時点で100点。花丸あげちゃう。

原作を読めば読むほど、アニメを観れば観るほど、どう考えても付き合っている。なんか公式が二人を推してる。どういうこと?詳しくはちょっとググると出てくるので調べてね。

公式のインスタのタグに#赤安がつけられたその日、わたしは白目を剥いて叫んだ。公式やんけ!!こうしてわたしは、あかーむの女になった。Woman of AKAMである。


兎にも角にも、安室透である。

自然と、グッズを買っていた。セガくじを引いていた。プライズのフィギュアを撮っていた。大阪住みの友達に、USJ限定グッズを頼んでいた。どんどんあむぴが好きになる。とても楽しい。執行されて、あむぴのフィギュアを眺め、DMMで買った純黒を観て、pixivを読む。サイコー。

朝起きて、あむぴの守っている日本に生きていることに感謝するし、あむぴの給料のために税金を払いたいと思う。でも、あむぴは2次元なので、いつでもやめられる。逃げ道があることはわたしを安心させた。日常は全てノープロブレムだ。あむぴとわたしは持ちつ持たれつ、都合のいい関係を築けている。

2次元は干渉してこないし、干渉されない。楽だった。とても。逃げているのかもしれないけれど。



兎にも角にも、あかーむである。

なんとハマってすぐにスパコミが開催された。久々に一般参加した。始発で行くのは、数年ぶりだった。そもそも即売会に行くのも久々である。

サークルチェックをし、ため息をつく。この壁の数はだめだ。わたしは俳優のおたくの友達に声をかけた。買い子してくれないか?フッ軽に定評のある友達が3人、特に用事もないのに来てくれることになった。1人、自分の買い物が終わったら手伝うよと言ってくれた。これで買い物は完璧だ。

当日、俳優のおたくたちは「絶対勝ちてえ!」の意思の元、ビックサイトを歩き回った。3人のおたくたちは初参加とは思えない連携プレーで壁を制圧していく。11時、あっさりと買い物は終了し、わたしは96冊のあかーむ本を手に笑顔だった。みんな楽しそうで、喋って笑った。いい時間だった。

本を買うだけで笑顔になることがあるんだな、と思い出し、本の重みで内出血した腕を見て笑った。



さて、兎にも角にもあむぴである。

現在ゼロの執行人の興行収入は60億を突破したところだ。わたしはあむぴの女としてあむぴを100億の男にするミッションがある。

まだ観ていない人はぜひ観てください!

友人たちはもう一度連れて行く。よろしくお願いします。わたしは元気です。



雑記

 


花粉が飛び散る毎日である。
寝て起きてお題箱を答えて猫と遊んで鼻をかんだりしていると一日が終わってしまっていて、びっくりする。どういうこった。もうダンデビが終わってそろそろ一か月経つのか。正味大したことなんてしていないのに。時間はあっという間だし、ああこうして死んでいくんだろうなと考えてしまう。
いや、まあ、あんスタしたりしていたんですけど。大したことないことには変わりなく。
ダンデビ楽しかったなーという記憶で生きている気がする。全然、病まなかった。ちょー楽しい!と偏差値2くらいの感想だけで毎日アイアに通っていた。そもそも天使にめちゃくちゃ出番がある、というだけでテンションが上がった。初日の感想は「めちゃくちゃ喋るやんけ!!!!!!!」だったし、天使もおれめちゃくちゃ喋るんだよね、みたいな。初演と再演の5倍は喋っていたんじゃないかと思う。天使はいかんせんサブの役が多いので、めちゃくちゃ喋る!!!!!ということにテンションが上がりすぎてしまって、それだけで面白かった。
歌も増えた。なんと上手くなってもいた。これには本当に感動した。以前も書いたと思うが、わたしは天使の歌が上手いと思ったことが一度もなかった。手紙や感想などでも歌について触れたこともない。あんだけミュージカルやってるのになんで上手くならないんだろう……耳が悪いんかな……とすら思っていた。でも上手くなっていた!!!音が合ってる!!!!!感動だった。わたしの耳がバカになった可能性もあるが、友人たちも上手くなった!と言ってくれたので、きっと上手くなったのだろう。本当に嬉しかった。
リツカといちゃいちゃするシーンだけが吐きそうなくらい憂鬱だったが、まあ、どうにか耐えた。相手が男でも嫉妬した。それくらい、天使のリツカを見つめる瞳が優しくて、羨ましかった。ずるいずるいヤダヤダヤダ!壁の模様を見つめることでどうにか乗り切った。
ほぼ入りたい席に入れたし、本当に良かったなあーと思う。楽しかった。初演はあんなにガラガラだったのに、今回は毎日たくさんたくさん席が埋まっていて、それも嬉しかった。
埋まってる舞台は良い。やっぱりね。

記憶を反芻していると一日が終わっている。なんてこった。人生とは?

 

天使はもうすぐ次の舞台である。見たところ、稽古が14-18時シフトでしか行われていないが、大丈夫だろうか。ホワイト企業にもほどがないか?せめて前回よりは面白くあれ!と祈るばかりだ。

 

広告を非表示にする

簡易プロフとよくある質問まとめ

 

 

▼簡易プロフ

なまえ あや(あーや、あやたそ)
ねんれい 92年5月22日生まれ
推し 天使、たかさきしょうたくん、きづつばさくん あんどもあー

 

▼質問まとめ

 

なんの仕事してるんですか?
自宅警備です。


同担拒否ですか?
基本的には同担拒否です。


ジャンル遍歴はなんですか?二次元通ってますか?
ナマモノ(J禁)→鋼→テニス(二次元)→復活→笛!→踊ってみた→俳優、あんスタ

間にDグレとかハルヒとかポケモンとかちょこちょこ。腐女子
好きな二次元は、エドワードエルリック雲雀恭弥さんと椎名翼さんと朔間凛月くんです。


なんでみうらといさか嫌いなんですか?
私怨です。


どこまでが身内ですか?
ぽりばけつとおたくの会のみんなです。誰がいるかは察して下さい。


なんでオーヤブ降りたんですか?
人のあげたものを繋がりに見られる管理能力の低さと、繋がる人の見極め力があまりに低いことに閉口したからです。


キャスどこでやってますか?

twitter.com


DMしてもいいですか?
どうぞ。


会場で話しかけてもいいですか?
どうぞ。

 

花とかプレとか過去記事読んでください。そのうちリンク繋げます…。

 

 

(2018/04/10)

天使以外の舞台感想2017年後半

 


・黒バス
久々にりゅーちゃんの2.5です。楽しかった~。バスケしてる推しはかっこいい。


・夢100
いや死ぬほど愉快だった。知らん奴と知らん奴が歌って踊ってた。ゲームすごいやってたから楽しかったです。ゲームのバトル曲使ってくれるの嬉しいよね。内容も良かったです。


・二ーテンナナゴー
イトカワの舞台だった。イトカワイトカワ!内容全然2.5次元舞台関係なくてウケた。最初のビジュアルがいろんな2.5のパクリだったから、ちょっと期待したんだけどなあ。イトカワの曲好きだから、年末のばんぼライブで聞けて嬉しかった~。


森奈津子芸術劇場
たかくんがゲストででるっていうので…行きました…。ウッ!ちゃんとおたくしてたやんけ…。内容は良かったです。シンプルな三人芝居。めちゃくちゃ下ネタ。なんかエロゲみたいでした。

 

・ナルステ
なんか三列とかその辺で観たので服ばっか見てました。あの、らちさん?はファンサがすごですね。指差しからのウインク決めててすげーひとだなと思いました。そんなに面白くは、なかった…。


煉獄に笑う
友達に呼ばれて行きました。スズキヒロキって気づいたの公演終わってからでした。なかなか面白かったです。泣けました。あのーーー名前忘れたけど、サキヤマさんと対の役やってる子、声が林原めぐみそっくりじゃないですか?実写らんまやってほしいよね。


・甘くはないぜ!2
スイーツの神様、何者?プレミアムシートにドーナツついてて、物販でもドーナツ買える舞台。休憩中にドーナツ食べろって言われる舞台。お土産にかなりの数のドーナツ買ったんですけど、起きたら家族に全部食べられてた。悲しい。内容は特になかった。


あんステJOK
泣いた。りつくん、生きてた。あまりに感動して、「最初は荒牧さんって聞いて、本当に嫌で嫌で仕方なかったんですけど、幕が開いたそこに立っていたのはナイツで、りつくんでした。本当にありがとうございました!」って手紙をヨシヨシに書いた。しばらくゲームやっててもあんステのみんなの声に聞こえる病を患ってうおおってなりました。レオぴとしょへぴ、声が似すぎてねえ?ヨシヨシとりつくんもだけど。


北斗の拳
斬新な客席の使い方。ゲラゲラ笑った。芝居はじまってもグラサンかけてる客いて面白かった。通路で長い時間芝居しているので首が痛くなる。推しが立ち位置真逆だとほぼ見えない。


岸和田少年愚連隊
もーなんでオダックはいつもヤクザかマフィアが出てくるの?ヤダ!


・壁蝨
個別感想書きました。わたしは一番好きだったなあ。


人間風車
去年のが良かった。ラスト絶対お姉さん殺しちゃだめでしょ。あとミムラ、あんな死に方したのによくカテコでにこにこできるな。すげー怖かった。


・ショーバイロック
三回観ました。よかったです!イトカワのグループがよかった。曲がいい舞台はいいですね。ストーリーは、まあ、ないに等しいと思ったけど。


・ハンサム落語
宮下雄也とアッキーさんと平野良とりゅーこの回を観ました。始終面白くて、ゲラゲラ笑いました。アッキーさんが漢字読めない話とか、宮下雄也が「平野良可愛い!お金あげたい!」って言っててゲラゲラ笑いました。おたくかよ。


・チームパーティー
開演15分前に入るか―ってチケ買った。チケがあるのがテニスのいいとこだなあ。
青9ちゃん、みんな気狂っててびっくりした。ジョナに沸いた。


・結ひの忍
推しができた。内容は特になかった。指にはめる簡易ライトみたいなのが配られて「みなさんの灯を!」とか言って振れるのは面白かった。あと、シナリオ分岐があって、いきなりストーリー終わったりするんだけど面白かったですね。


・ショートストーリーロングコント『ルート』
めちゃくちゃ面白かった!!!!あの、ショートストーリーコントが全部きれいに繋がって、最後はめちゃくちゃ感動します。本書いた芸人さん、天才だよ。


・クローズゼロ
うーん、まあ、一回でいいかな…。

 

刀剣乱舞 ステ

よかった!めちゃくちゃ面白かったです。しばらく考察ばっかりしてたなあ。次も観たいですね。


・夜曲
つまんなかったなあ…。初見で寝ちゃった。主人公キャラうすーーーーーーー。なんかAKBだかSKEだかわかんないけど、それの男オタがカテコ一人で立ち続けていてすごいなと思った。お前しか立ってないよ。


・俺は大器晩成~四十にして大輪を咲かせる予定
最後踊ってうやむやになる舞台。でもよかったですね。わけわかんなくて。ダメ人間の話でした。推しができました。

 

 

覚えてるのがこれしかない。たぶん、もっと観ている。忘れた。去年の記憶がもう全然ない!壁蝨が面白かったです。

推しキャスと推しキャラ違う問題

 

 

 

あんステを観た。
わたしは高崎翔太くんのおたくで、朔間凛月くんのおたくである。
翔太くんの演じている瀬名泉は原作の2推しだ。
つまり、推しキャスと推しキャラが違うのだ。両者の熱量に差があればいいのだが、あいにくわたしはどちらもそれなりに、かなり、好きなのである。

前回は、りつくんがそこに存在しているということに感動してしまって、応援とか、そういうレベルではなかった。ただ傍観者でいた。わたしは夢ノ咲モブ女子で、ただナイツのライブを眺める傍観者となっていた。涙がただ流れた。五人そろったナイツにただ泣くことしかできず、瀬名泉のうちわを持ち、ただ座っていた。目の前で繰り広げられるジャッジメントに圧倒されるだけだった。
瀬名泉は笑ってわたしにファンサしてくれた。わたしは瀬名泉からファンサがもらえる世界線があるんだなとぼんやり思った。りつくんは輝いていて、ただりつくんとしてそこに立っていた。軽いパニックになったわたしは公演後あらまき推すわ!!!!!!!!!!と叫んでいたし、手紙を五枚書いてプレボに突っ込んだ。それくらい、りつくんが存在すること、ナイツがそこにいることが嬉しかった。五人の写真はただのナイツだったし、もっとナイツが好きになった。みんなキャラを愛してくれているあんステという空間がとても大好きになった。
ユニットの繋がり、部活の繋がり、クラスの繋がり、過去や親の関係とか、あんスタはとてもややこしいけど、それぞれみんな一生懸命理解して表現してくれることが嬉しかった。
またあんスタを好きになれた。前回は、ただそれだけだった。

それから原作はいくつかのイベントを超えて、わたしはまたあんスタが好きになった。りつくんのことがもっと好きになって、イベントもさらに走るようになった。最近のイベストは、あんスタが終わりに向かっていくようにどれも素晴らしくて、わたしは全ユニットが好きになった。どんどん、原作が好きになってしまった。


そして、今回。瀬名泉は本当に完璧で、原作初期のヒールなナイツで、とてもとても良かった。集中し切れていないパフォーマンスも、冷たそうな眼も、レオぴのパートを歌う瀬名泉も、全部全部愛しかった。いらいらをテニス部にぶつける瀬名泉も、ゆうくんを監禁していても、愛しく思っているところとか、全部瀬名泉だった。
それでも、わたしはりつくんを、応援したかった。そう思ってしまった。
りつくんがすごくすごく好きだった。なんにも考えてないふりをして、それでもナイツのためにほかを切り捨てる、そんなりつくんがそこにいた。まだまだ個々が強いユニットで、前作みたいなまとまりがないけれど、それでも圧倒的に引き込むパフォーマンスをする、ナイツのりつくんが好きだった。これを乗り越えてジャッジメントに繋がっていって、みんなでこたつを囲むようになるんだなあ、と思うと感動してしまった。ナイツって本当に愛しいな。すごいな。ようやく朔間兄弟がそろっているのを観れたし、嫌そうにれ~様を見るりつくんは本当に可愛かった。

わたしは瀬名泉のうちわを持って、りつくんを観ていた。本当によくないなと思った。どちらも本当に好きで、愛しかった。


客降りで、瀬名泉はハイタッチをしてくれて、ありがとうと言ってくれた。わたしはりつくんをみていたのに!心の底から申し訳なくなった。


これからも応援していくのは高崎翔太だ。それは変わらない。でも、あんステで、応援するのは、りつくんになってしまうかもしれない。どうしよう。困った。いま、わたしは本当に困っている。

うっかり二次元のおたくをしてしまうと、こういうときに困る。俳優を優先できない。困った。しんどい。どうしよう。

 


(ステフェスでは、天使と翔太くんどっちもいたのでパニックになり、もうなにもかも持つのをやめました)
(今回のあんステで、大好きな演劇部と海洋生物部の絡みがみれたので嬉しかったです…)

おたくないとのはなし

 


無事終了しました。


いったいどうなることかと思いましたが、何事もなく、終わりました。わたしはすごく楽しかったです。
演者三人、直前まで本当に人が来るのか!?と心配していたんですけど、なんだかんだ50人ほどご来場頂きました…本当ありがとうございます。当日券で来てくださった方もけっこういて、びっくりしました!!!ありがとー!!

なに話したかサッパリ覚えていないんだけど、なに話したかな!?しゃべりすぎて、予定の半分もしゃべれなかったことは覚えているんだけど…なに話したかな…。三人のおたく活動の振り返りとかしました。たぶん…あと飲んでました…たぶん…。あと質問に答えたり…たぶん…そのようなかんじです。あとチェキなどを撮ったり、妖のCDを押し付けたり、飲んだり、しました。飲んでた!なんか!開始前に差し入れでシャンパンを頂いて、そちらもばっちり飲みました。始終酔っぱらっててすみません。

 

自分が演者側で立つのが久々すぎて、ちょっと緊張しましたが、ストロングゼロ飲んだらそういうのなくなったから、ストロングゼロすげー。人生で大切にしていきたい。
イベントやろう!って思ったきっかけは、まあお題箱です。毎日わりとたくさん質問に答えていたんだけど、やっぱりこう、インターネット上で答えられることって限りがあって。
お題箱自体は、わたしが天使好きで経験してきたこととかそんなに多くはないんだけど、誰かの参考になったり、思想の一つとして取り入れてくれたらうれしいなーくらいで始めたんだけど、みんなたくさん悩んでいて、もっとちゃんと対話できたらいいなあと思ったのがはじまり、でした。

最初はただ何か喋れる場がほしいなーと思って、やるなら新年会でトークかなーと思って、トークやるならオケオケさんとめりちゃん呼ぶことになるよなーと思って、ふわふわーと決めたのですが、わりとちゃんとイベントになって良かったです。
11月末に、イベントやろう!と決め、さくっと日付を決めて、アンケで来そうな人数把握して、箱決めて内見行って、ツイッター作ってアドレス作って…。いや、運営って大変だなあと思いました。ノウハウないしね。それでも形になったのは、手伝ってくれた友人たちのおかげです!みんなマジありがとう!みんな幾多のイベントに参加しているだけあって、伝えたいイメージがすぐ伝わって助かりました。
弱小事務所とか、オタクにスタやってもらった方がいいよまじで。

チェキ会してるときに色々お話しして、みんなが楽しくオタクできる環境が一番だよな~って本当思いました。難しいけど。いろんな界隈の方が来てくれて嬉しかったです!もっと限界の話したかったな!?テニスの町現場で警察呼んだ話とか、対応日記朗読とか、りあこポエム手紙朗読とか、たくさんやりたいことはあったんだけど、全員酔っぱらっててすっかりわからなくなりました(ダメオタク)
でも、オケオケさんとめりちゃん、という絶対面白な二人がいたので、きっと面白かったでしょう…。
差し入れ下さった方、みんなありがとうございました。めちゃめちゃ嬉しかったです。全部使います!

こんな感じの場がまた作れるかはわからないけど、あればいつか…。

 


とりあえずおおふり始まります、そろそろ。天使は楽しそうにスケボー乗ってます。なに?スケボーって。全然理解できない。でも天使楽しそうだからいいか。

 

 

この間、久々にリア友(院生、一般人、小学校からの幼馴染)に会って話をした。
お互いの家からタクシーで10分くらいのチェーンの居酒屋で、ウーロンハイとハイボールを飲んだ。お通しの味のしないポテトサラダをつつきながら。
開口一番「まだおたくしてるの?」と聞かれ、「これからもずっとするよ」と答えた。
ぼんやりと話を進めるうちに、彼氏へのプレゼントの話になった。彼女は彼氏への誕生日プレゼントに、二万円ほどのものをあげるらしい。はあ、二万円。わたしは多少面食らった。プレなら、まあ二万円はタダの範囲内である。

「俳優にどのくらいのものあげるの?」
「えーと、こないだの誕生日は、20万くらいだった」
「……はあ?」

今度は彼女が面食らったらしい。
ハイボールをぐびりと飲み、真面目な顔で言う。

「それなんか楽しいの」
「楽しくない」
「見返りあるの?」
「まあ、着てくれたりとか」
「当たり前じゃん!」
「まあでも、着たらだいたいタダだし」
「……何言ってるの?」
「わかんない」
「わたしもわかんないよ」

まあ、当人も意味がわからないし、第三者なら余計にわからないなあと思った。

彼女とは、小中高と同じ学校に通っていた。家が近くて部活も同じで、だいたい同じようなものを好きで、だいたい同じように生きていたのに、どうしてこうもズレてしまったのかなあ、と、わたしは思ったのだった。彼女は二万円のプレゼントでも、ちょっと高いな、くらいだったらしい。二万円ってタダじゃん、だいたい。誤差の範囲っていうか。と切り出したわたしに、二万円はタダじゃないよ、と言うのである。
これがおたくの身内の会話だったら、二万円ってタダじゃん、そうだねタダだね、あと一枚くらい買うべき?やめろやめろ買わなくていいよ!となるのである。みんなタダというけど、買うことは推奨しない。面白い。


だいたい、おたくというのは同じような思想で固まりがちである。同じような思想のなかで、ああ三万の布は安いしタダだよ、七万の最前は安いし買いだよ、三列以内じゃないと席がないよ、全通できなきゃ一公演も観ないよ、やんややんや。
そうして同じ思考にずぶずぶずぶずぶ浸っていって、最後にはなんだかわからなくなる。
ちなみにこれはわたしの周りの思想の話。

また違うグループではきっと、今回は三回くらい入ればいいかな?プレゼント今回はしなくていいかな?誕生日プレゼントTシャツでいいかな?一般席でいいかな?お花出せるけど出さなくていいかな?いいよいいよ!趣味だししなくていいよ!転売でチケット買ってる人って本当どういう感覚なのかな?わかんないよね、ねー!やんややんや。
みたいなラインがぴこんぴこん繰り広げられているんだろう。死なねーかな?理解できねーし全員死んでほしいな。まあ憶測だけど。

こういうグループたちは互いに理解し合えない。理解し合えないので、戦うしかない。基本的に女は野蛮である。理解しようという段階は踏まない。元が戦闘民族なので、掲示板で叩き、ツイッターで叩き、現場で叩き合う。だいたいが陰口なので、表面化しない。たまに表面化すると、盛り上がる。ひとしきり盛り上がって、飽きたら終わる。そうして落ち着くと、噂だけが伝聞され、よくわからなくなる。


そこまで思想して、虚無感に苛まれる。ああー虚無。おたくとは虚無だ。

 


お互いにお酒を三杯飲んで、その日は解散した。
わたしは、同じ人種だったはずの彼女と、違う場所に来てしまった気がして、なんだか悲しくなった。

 

 

広告を非表示にする